広島県最南端のちりめんじゃこ網元吉網のブログ

広島県の一番南の鹿島という小さな島で創業80年のちりめんじゃこの網元をしています。ちりめん漁をして、自社工場で加工して、パック詰めもしています。自然の味をそのままに、丁寧に作っています。ちりめんじゃこに味の違いがあったなんて食べた方はそういわれる逸品です!
<< こんなのみたことない、高級おしゃれな広島土産 | TOP | 呉水産祭2月11日 >>
お客様目線の地方での販売
0
    うれしいこと半分、悲しいこと半分

    宝石ちりめんうれました。
     早速、5個入り20個注文!
    明日は発送に向けパック詰めです。
    現在は
    かに、特選、大、極小、エビ食べちりめんじゃこ
    がセットになっております。

    超高級なのにとも思いますが、欲しい人はいます。

    しかし、
    悲しいことも
    市民協働で頑張ろうという勉強会に言ったのに、
    ある地区の販売会に行こうとしたらストップがかかりました
    理由は今同じものを売っている人がいるから。

    お客さんは選択できる
    生産者は選んでもらうために努力する

    いいサイクルだと思うのですが。

    ある地域の職員の方は先に売ってる方がいるので
    同じものはダメですとかたくなに拒まれました。

    そいうルールなんだなと思うしかありませんが、多くの方に喜んでもらおう
    良いところだということをPRする活動なのにという気持ちも。
    とおもうだけで、すべて決めるのはお客様です。のできっと将来答えが出るでしょう。
    | - | 17:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック