広島県最南端のちりめんじゃこ網元吉網のブログ

広島県の一番南の鹿島という小さな島で創業80年のちりめんじゃこの網元をしています。ちりめん漁をして、自社工場で加工して、パック詰めもしています。自然の味をそのままに、丁寧に作っています。ちりめんじゃこに味の違いがあったなんて食べた方はそういわれる逸品です!
<< 広島県有数の観光施設大和ミュージアムで絶賛販売中吉網ちりめん | TOP | ちりめんじゃこでおしゃれなおもてなし >>
大人気石野水産のちりめんせんべいのできるまで
0
    ちりめんせんべい。
    ちりめんだして、業者さんに作ってもらってるんですか?OEMですか?と聞かれますが

    ちりめんせんべいこうやって焼いてるんです。
    社長が。
    機械のメンテナンスも社長がやります。
    焼く前には、ちりめんせんべいにぴったりのちりめんを選別し、
    それを減塩して、一枚一枚こんな感じでプレスして

    ちりめんせんべい焼き上がり!ちりめんせんべい焼く前
     
    当初は、ちりめんイケメンな息子が焼いていましたが。
    社長が代わりました。
    息子の味は非常に繊細で、製造量も少ないんですが。
    お年寄りに大人気です。
    石野水産の礎をつくった石野初美さんも大好きです。
    いれ歯ですが、
    高血圧ですが。むしゃむしゃ食べます。
    ただ、社長の作ったのはお気に召さないようで
    孫の作ったのがおいしいとおっしゃいます。
    ちりめんイケメンな4代目のちりめんせんべいは
    非売品で価格は通常の倍なので注文は用相談です。


    石野水産の倉橋さんのちりめんせんべい
    110314_1725~01.jpg
     

    本当はこういう姿も持っています。宝石ちりめんシリーズちりめんせんべい
    宝石ちりめんシリーズのちりめんせんべい月に100個限定販売
    ちりめんせんべい10パック入り(1パックには見づらいですが3枚入っています。)
    1500円(受け付けは電話のみ 0823−54−1505 )

    広島で見たことないくらいおしゃれな。広島のお土産です。
    原材料も広島の海で育ったちりめんじゃこを
    広島で育った漁師がとって
    女将が加工し
    漁師自ら焼き上げパックに詰めた
    純広島産
    | - | 17:48 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック