広島県最南端のちりめんじゃこ網元吉網のブログ

広島県の一番南の鹿島という小さな島で創業80年のちりめんじゃこの網元をしています。ちりめん漁をして、自社工場で加工して、パック詰めもしています。自然の味をそのままに、丁寧に作っています。ちりめんじゃこに味の違いがあったなんて食べた方はそういわれる逸品です!
<< ちりめんの仲間▲茱 | TOP | 吉左衛門25回忌法要 >>
25回忌法要 準備編
0
     遅くなりましたが。
    10日は、吉網創業者吉左衛門さんの法事です。
    9日から準備に追われました。
    といっても、メイン料理は仕出し、地元にいる人と家族でこじんまりやるという予定でした。

    が、米4升五合 (45合)いつもは一斗以上研ぐのですぐないといえば少ないですが。
    干しシイタケ1キロ
    京人参3キロ
    ごぼう3.5キロ
    子エビ3キロ
    松山上げ13袋
    こんな感じです

    鏡餅(神鏡餅 みがかみもち)と言って2セット

    野菜はすべて倉橋産(朝市で知り合った農家の濱本さんにおねがいしました)なので、
    風味が違いますね。
    ごぼうの匂いがする。人参も甘い!!

    ちなみにこれらの材料で作るのは”もぶり”
    五目ずしのようなイメージです。
    といってもご飯は普通のごはんで、塩で絶妙な味付けをして
    具にしっかりと下味をつけて混ぜるんです。

    鍋は写真のような感じです。
    よくこんなのがあったともう大きさ、
    これにそれぞれの具に味をつけて炊き込みました。
    キッチンに入らないので外でプロパンガスを使って、火にかけました。

    一日かけて、野菜を洗って、切って
    漬物を切って、
    お菓子を並べて(普通の菓子皿に7セット)

    一日終わるころには何のために用意をしたのか忘れるほどの忙しさ。

    これで準備万端!明日に備えます。
    | 家族 | 16:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - | ↑PAGE TOP
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    トラックバック機能は終了しました。
    トラックバック